2017年08月19日

寝具と寝室の点検

〜寝室と寝具の点検〜


昨日は快眠ヒーリングのご案内をしました。

その流れで、

今日は寝室のチェックをしましょう。


整理整頓と身の回りの保ち方については

いくつかの考え方と手法があると思います。


どのやり方が正しいというよりも、

その時の自分にフィットする方法を採用するのが

無理がないでしょう。

ピンとくるもの、

思い切ってドバドバ捨ててカラにする方法から、

丁寧に見直して整える方法、

これと思うやり方を選んでください。


〜おすすめの寝室快適化〜

☆寝室は物を少なめにしましょう。

置き物や小物は少なく、

もし周囲を家具に囲まれているなら

上に積んだり置いたりするものは最小限に。

特に頭の上方には、

横になった時に

ゴチャゴチャ物がないほうがベストです。

・最低限、室内の上方と横になった時の上方はスッキリと・


☆寝具のメンテナンスを怠りなく

シーツ類は清潔に、

布団やベッドはこまめな手入れを行い、

寝心地がよい状態を保ちましょう。

・清潔でサラッとしていること・


☆夜は暗く朝は明るく

常夜灯をつける以外は暗く、

朝、カーテン等を開けたら明るくなるというのが理想です。

また、寝室の換気は朝のうちに済ませましょう。

もし寝室/部屋を閉めたきりにしているなら改めてください。


他に、

枕の方角は

縁起と関係なくベストの場所を探すのがおすすめですが、

北枕は、北半球に住む人には無理のない方向です。

ただ、北に部屋の出入り口があるうえに、

出入り口から生活音などの物音が入ってきて騒々しければ、

うるさくない位置に枕を置きましょう。

風水でも北枕はOKとされています。

家全体の向きもあるので

風水の概論だけで一概に言えませんが、

北、東、西、の順で心地よい方向を探してみてください。

参考までに、

私は東に枕を置いて太陽と一緒に起きています(^^)


寝具の色については、その色のままに活用するといいですよ。

暖色なら暖色の効果があり、

寒色なら寒色の効果があり、

アースカラーならアースカラーなりの効果があるでしょう。


ということで、

さっそく寝室&寝具の点検してみてくださいね。


ヒーリングオフィスのHPhttp://www.ne.jp/asahi/feliciter/top/

ヒーリング、セラピー、ライトワーカー養成、瞑想講座、行っています。


posted by フェリシテ at 07:14| 神奈川 ☁| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする